印鑑付きボールペンが便利だからおすすめしている

印鑑で一番便利だと言われているのはボールペンについているタイプではないでしょうか。

ボールペンと一体化されているネームペンと言われているタイプはとても便利なのです。

印鑑ボールペンの構造はどのようになっているのか?

ボールペンの頭にスタンプが付いています。朱肉、インクが自動で印鑑についている構造ですから、別々に朱肉やインクを持ち運ぶ必要がありませんので、とても便利に使えます。

例えばいつもデスクで仕事をする人以外でも、営業の人、医療機関などで働いている人はポケットにボールペンを入れて普段から持ち歩いている人もいるかと思いますので、そういった人にも便利に使用することができるでしょう。

ギフトなど贈り物として印鑑ボールペンは手軽に購入できる

ボールペンと一体化しているタイプは手頃な価格で販売されており、バリエーションも豊富ですから、プレゼントとしても最適とされています。就職祝いや転職祝いなど手軽にプレゼントしてあげられることがメリットです。書店、文具店でもいまでは幅広く取り扱いがあるので手軽に購入できます。

そしていまは朱肉かインクか選ぶことができますので、どのような用途に使用するのかに合わせて自由自在に選べるメリットもあります。またハンコ部分のサイズも選べるものが多くなりました。

通常は9ミリということが多いですが、6ミリのタイプも訂正印として必要になることもあります。使う場所、使う頻度によって選べることも特徴です。そしてキャップがあるものと、キャップがないタイプがあります。

キャップを外すことが手間に感じることもありますので、キャップなしの方が便利だという人に取っては、キャップなしがいいでしょう。キャップを取る手間が省けたほうが便利という人もいますので、そういった人にはキャップなしがおすすめです。

インターネットでも種類豊富に注文を受け付けているサイトはあるので、そちらでチェックしてデザインも考えてみるといいかもしれませんね。実印は別に持っていて普段認印として使用する位なら手軽でいいでしょう。

ボールペンがついているタイプが現在人気となっています。使い勝手もいいですので、仕事をしている人などに愛用されていて、プレゼントなどしても喜ばれる一つです。さまざまなシーンで使うことができます。