印鑑のサイズによって実印と認印を使い分ける

印鑑を使うときは使う場所によってサイズを使い分けていることはよくあります。

サイズが決まっていることは知っていますか?

宅配便の受け取りや回覧板が回ってきたときなどに使用する場合は、シャチハタと言われているインクなどで作られた手軽なものでもいいでしょう。

こうした場合はサイズは特に決められていませんが、シャチハタとして販売されているものはサイズは統一されているでしょう。この場合のサイズは12ミリとなっています。しかし銀行印、実印などはサイズが少し違っているように思えるのですが、実際はどのサイズなのでしょうか。

印鑑サイズは幅広く揃っているのが現状

基本のサイズというのは10.5ミリ、12ミリ、13.5ミリ、15ミリ、16.5ミリなどのサイズがあります。これらが基本のサイズで最大で18ミリなどもありますので、大きなものと思えるものはもしかすると18ミリかもしれません。小さいハンコが必要になるシーンもありますね。

例えば訂正印などは小さくなければいけませんから注意が必要です。認印として一般的12ミリ、13.5ミリが一般的です。認印としてはこれらが使われていることが多いでしょう。

実印のサイズは大半が通常の認印よりも大きなサイズを使用していることが多いです。

例えば15ミリ以上のサイズのものは大半が実印として使われているものになります。実印として使用する印鑑は大きくなければいけないといった感じのことが決められているのです。

日常的に使うには少し15ミリ以上のサイズは大きく感じるのですが、実印としては適切なサイズです。

同じ銀行で使用する場合でも、通帳では13ミリを使い住宅ローンの契約書には15ミリ以上の実印を使用するといった規定があります。
これは常識的なものですので、必ずサイズまで指定して書かれているわけではありませんが、それは常識で決められていることです。

住宅ローンの契約で普通のサイズの印鑑を使うことがないようにしましょう。また、男女でも通常認印に使うサイズが違うこともありますので注文時に調べて注文しましょう。

直径は使用する場所、男女によっても違いがあることを知っていましたか?知らないと恥を書く事もありますので注意して使いたいものですね。間違って使うと恥を書く事もあるのです。