印鑑登録の仕方や意味が多種多様になる時代

印鑑を使うシーンは様々ですが、そのシーンに合わせて多種多様化しています。

ここではさまざまなアイテムについて見ていきたいと思います。

理想の印鑑が現実となる

「こんな印鑑があったらいいな」という声が次々に形になっていることがいまのアイテムの特徴です。これまでは単品でそれひとつを持ち歩かなければいけなかったのですが、例えばボールペンと合体していることもあります。

ボールペンと合体している場合には、普段使っているボールペンについているわけですからとても便利ですね。

持ち歩くのも手軽にできるのでいいでしょう。ほかにも、従来のタイプでは、キャップが付いていたと思うのですが、キャップを外す手間がある、キャップをなくしてしまう可能性があるということもあり、手軽にスタンプできるようにと、キャップがないタイプも販売されているのです。

キャップがないタイプはとても便利ですね。押せばいいだけですから。そういったあったら便利だという、使っている人がアイディアを出しているスタンプが続々と出てきています。

ハンコデザインも迷うくらいに豊富

手軽に押せるシャチハタと呼ばれるタイプでも見た目にこだわって、従来は真っ黒のタイプしかなかったのですが、いまはとてもカラフルなタイプで女性が持っても可愛いものなども発売されています。

自宅、職場など様々な場所で違和感なく使えるけれど、少し遊びゴコロがこもっているものがたくさん出されているので、選ぶのも楽しいくらいです。使うときに楽しさを感じられるようなアイテムが豊富にあるのです。

印鑑値段もネットのおかげでリーズナブル

以前はハンコといえばかなり高い値段というイメージがありました。下手すれば100均でも販売されている位ですが、いいものでも手軽に購入できるようになりました。

そのような理由から、とてもリーズナブルな価格で、インクの色、ボールペンのタイプなども選べて、卒業祝いにプレゼントしたり、就職のお祝いにプレゼントするという人も多くなります。手軽にプレゼントできるもので、誰でも使う必要なアイテムという点ではいいですね。

印鑑の使用用途で使い分ける

ハンコといえば注意点もありますので覚えておいたほうがいいかもしれません。
どのような注意点があるのかといえば、例えば、物によって染料がインクで作られている場合と、または朱肉で作られていることがあるので、朱肉なら認印として使用することが可能ですが、インクである場合はシャチハタ扱いになりますので、その場合は認印には使用できないという点です。

そして朱肉を使用しているタイプだったとしても実印、銀行印として向かないこともあります。なぜなら朱肉を使ったタイプでも、例えばボールペンと一体化していることで外に持ち歩いていると、落とす可能性もありますし、壊す可能性もありますので、それを銀行印にするというのは危険が伴うといってもいいでしょう。

これから大事にするお気に入りの印鑑を探す

これからハンコを探したいと思っている人は、安くてとりあえず使うものを間に合わせたいというのであれば、100均でも間に合いますが、少しいいものを選びたい、変わった苗字なので100均には名前が無いという場合には、文具店、書店などへ行って選んだほうがいいでしょう。

また最近はインターネットで専門の店舗などもありますので、そちらで探すというのも一つの方法です。インターネットの店舗の場合はデザイン豊富に取り揃えがあるところが多いでしょう。

ハンコは自分の名前を表すとても大切なもので値段はピンからキリまでありますが、どれを選ぶのかは自分次第ということになりそうです。