チャンプルーによる県民性について

沖縄に行った人や、現在住んでいる人はよく知っている料理、それが沖縄チャンプルーです。
イメージとしてはとても栄養があるというものでしょう。
実際に沖縄チャンプルーはとても栄養がありますので、沖縄県に住む人以外でも、家庭料理として作る人がかなり多いのです。

沖縄チャンプルーとは

野菜や豆腐などを炒めた沖縄料理です。チャンプルーというのは沖縄の方言から来ている名前です。混ぜこぜにしたというような意味があります。
つまりは野菜や豆腐など色々な材料を混ぜるというところから来ているのです。
そして一緒に炒め合わせるということも特徴です。
メインとなる材料の名前をつけて呼ばれることが多いです。
種類は思ったよりも豊富です。
本来はゴーヤーチャンプルーが有名ですので、それしか知らないという人も多いようです。
沖縄県以外の料理店に行くと、出てくるのはゴーヤーチャンプルーが多いでしょう。
でももっと色々な種類があるということを、知っていただきたいと思います。

なぜ有名になったのか

なぜ沖縄のチャンプルーが有名になったのかというと、テレビの影響が大きいのです。
テレビに紹介されたことにより、興味を持った人がとても多いです。
メディアの力というものは素晴らしいですね。
さっきまでは知らなかったものでも、知ることが出来るのです。
そしてそれをこれから日常に取り入れるということも可能になります。
沖縄チャンプルーにおいても、そうしている人たちがとても多いのです。
そして、今まで沖縄県に行かないと食べることが出来なかったチャンプルーも、今では他府県でも食べることが可能になっています。

本場の味とは

出来るだけ沖縄の味に近付けたいという人は結構いるようです。
沖縄という地名に憧れる人もとても多いですから、チャンプルーを作るのなら、やはり沖縄の味に似せたいと思うのは当然のことでしょう。
沖縄チャンプルーも含めて、沖縄の宜野湾風俗も魅力なのです。
今後もそれについては変わらないでしょう。
チャンプルーという言葉についても琉球や東南アジア、そして日本や中国やアメリカの風物が歴史的な経緯から混ざっている沖縄県の文化について、それをチャンプルー文化というように呼ぶこともあるそうです。
そう考えるとこの言葉はかなり、皆の心に浸透していることになります。
名前を聞いて料理の味を思い出す人や、沖縄自体を思い出す人など様々でしょう。
でもそのように思いだすインパクトを持った言葉、それがチャンプルーという言葉なのです。

 

沖縄県民の人柄について

本土から見た沖縄チャンプルー文化というものは、どういうものなのでしょうか。
その文化についてどういった考えを沖縄の人たちが持っているのかは、少し気になるところでもありますよね。

あまり抵抗感なく新しいものを取り入れる

沖縄県の人たちにとっての沖縄チャンプルー文化は、それそれで良いものだという考え方の人が多いようです。
もちろん文化についての誇りはしっかりと持っているのです。
でももしも楽しい雰囲気になることがあるのなら、全然気にせずに非伝統的なものも取り入れてもいいよ!という考え方の人も結構多いのです。

お祭りなどの場面

お祭りの時にはやはり琉球音楽が流れるのが当然…というように思っていた他府県の人でしたが、いきなりJ-POPが流れて少し残念な気持ちになったということがあったようです。
でもこれは逆に言うと、沖縄の人たちが「流行りだからこれも混ぜよう!」というようにして柔軟性があるということになるのではないでしょうか。

沖縄県民の考え方

沖縄県民の考え方自体は様々ですが、実際には柔軟性があり積極性もある人が多いようです。
そして開放的ということがあるので、外から来たものでも受け入れるという考え方があるのです。
その考え方があるからこそ、旅行者が沖縄に訪れてもゆったりとした気持ちでいられるのかもしれません。